神話の時代から維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々 100選

神話の時代から幕末維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々を探って行きます。

伊耶那岐命・天照大神・須佐之男命・倭建命・神功皇后・応神天皇・ 卑弥呼・聖徳太子・蘇我馬子・ 蘇我入鹿・ 中大兄皇子・ 中臣鎌足・ 天武天皇・高向玄理・ 藤原不比等・ 道鏡・和気清麻呂・鑑真・桓武天皇・坂上田村麻呂・阿弖流為・最澄・空海・菅原道真・紫式部・清少納言・藤原純友・平将門・藤原秀郷・源義家・安倍貞任・藤原清衡・平清盛・源義朝・西行・後白河法皇・源義仲・源頼朝・北条政子・源義経・藤原秀衡・平徳子・源頼政・法然・北条時政・栄西・親鸞・道元・北条時宗・後醍醐天皇・楠木正成・新田義貞・足利尊氏・足利義満・山名宋全・細川勝元・一休宗純・北条早雲・毛利元就・武田信玄・上杉謙信・斉藤道三・織田信長・明智光秀・豊臣秀吉・前田利家・德川家康・伊達政宗・石田三成・淀君・真田信繁・お江与・春日局・徳川家光・天海・松尾芭蕉・徳川吉宗・大岡忠相・上杉鷹山・葛飾北斎・杉田玄白・島津斉彬・山内容堂・松平春嶽・井伊直弼・和宮・徳川慶喜・勝海舟・高杉晋作・吉田松陰・近藤勇・坂本龍馬・岩倉具視・大久保利通・木戸孝允・西郷隆盛⇒⇒作成中


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

江戸市民を戦火から守った幕臣 ”勝海舟 (かつかいしゅう)”

f:id:pcpisjp:20211213142429j:plain

勝海舟(かつかいしゅう)

勝海舟(かつかいしゅう)
1823~1899年 享年77

 

勝麟太郎(海舟)は、1823(文政6)年に江戸本所に下級旗本の子として生まれます。


極貧のなか、男谷精一郎の高弟である島田虎之助に剣術を学び、直新影流の免許皆伝になります。


剣術と時期を同じくして、蘭学永井青崖に学び、田町に蘭学の私塾を開きます。


幕府が、黒船来航による開国問題などの難局に接し、海防に関する意見書を広く求めると海舟も意見書を提出します。


幕府の海防掛だった、大久保忠寛に見出された海舟は、下級の無役旗本から幕府の役入りを果たします。


幕府が設立した、長崎海軍伝習所に入門しオランダ海軍から、海軍を学びます。この時期、演習航海で立ち寄った薩摩で、薩摩藩主である島津斉彬と知遇を得ます。


1860(万延元)年、幕府による遣米使節の護衛として、日本人による初の渡米を幕府海軍軍艦、咸臨丸の艦長として果たします。

 

帰国後、軍艦奉行となった海舟は、神戸に海軍塾を開きます。


神戸海軍塾には、幕臣だけではなく、土佐や薩摩などの脱藩者などが塾生となり、日本国の海軍を目指し活動しました、 坂本龍馬なども塾生として、海舟に師事しました。


西郷隆盛と知遇を得たのもこの頃です。


1868(明治元)年、倒幕の旗のもと東進してきた官軍に対し、幕府側で対応可能な人物は、海舟しか居なく幕府陸軍、海軍総裁として全権を委任されます。


海舟は、江戸城無血開城を主張し、東征総督府下参謀の西郷隆盛と歴史的交渉を行います。


幕府海軍による、東征軍への攻撃や市民を避難させ江戸を焼き払うなど、周到な準備をして会談に臨んだ海舟は、徳川慶喜将軍の恭順、江戸城無血開城を談判し、西郷隆盛に江戸攻撃の中止を断行させました。


官軍の江戸攻撃の1日前でした。


早くから、江戸幕府の衰退を見抜き、諸外国との開国の必要性を説いてきた海舟は、坂本龍馬など反幕府運動に走る若い力の教育に力を注ぎ、自らは、旧幕府内に残り江戸市民を戦火から守ることに心血を注ぎました。


維新後の明治期には、旧幕臣の権利復活に奔走して、1899(明治32)年に最後の言葉「これでおしまい」をのこして、波乱の生涯を閉じました。

 

*****************

おすすめブログ

えほん♪絵本♪えほん こころに残るすてきな絵本 100絵本

日本各地に残る懐かしい民話を楽しみます。

さかな🐟魚🐟さかな 日本の海で釣れる魚たち 100選

神話の時代から維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々100選

美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

こころを豊にしてくれる、禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************