神話の時代から維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々 100選

神話の時代から幕末維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々を探って行きます。

伊耶那岐命・天照大神・須佐之男命・倭建命・神功皇后・応神天皇・ 卑弥呼・聖徳太子・蘇我馬子・ 蘇我入鹿・ 中大兄皇子・ 中臣鎌足・ 天武天皇・高向玄理・ 藤原不比等・ 道鏡・和気清麻呂・鑑真・桓武天皇・坂上田村麻呂・阿弖流為・最澄・空海・菅原道真・紫式部・清少納言・藤原純友・平将門・藤原秀郷・源義家・安倍貞任・藤原清衡・平清盛・源義朝・西行・後白河法皇・源義仲・源頼朝・北条政子・源義経・藤原秀衡・平徳子・源頼政・法然・北条時政・栄西・親鸞・道元・北条時宗・後醍醐天皇・楠木正成・新田義貞・足利尊氏・足利義満・山名宋全・細川勝元・一休宗純・北条早雲・毛利元就・武田信玄・上杉謙信・斉藤道三・織田信長・明智光秀・豊臣秀吉・前田利家・德川家康・伊達政宗・石田三成・淀君・真田信繁・お江与・春日局・徳川家光・天海・松尾芭蕉・徳川吉宗・大岡忠相・上杉鷹山・葛飾北斎・杉田玄白・島津斉彬・山内容堂・松平春嶽・井伊直弼・和宮・徳川慶喜・勝海舟・高杉晋作・吉田松陰・近藤勇・坂本龍馬・岩倉具視・大久保利通・木戸孝允・西郷隆盛⇒⇒作成中


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

幕末、開国論を展開した最後の大老 ”井伊直弼(いいなおすけ)”

f:id:pcpisjp:20211013144418j:plain

いいなおすけ

井伊直弼(いいなおすけ)
1815~1860年 享年46

 

 

井伊直弼は、江戸幕府後の大老です。


徳川家の譜代大名井伊の十四男として生まれた直弼は、36歳で井伊家彦根藩主となるまで、わずかな捨扶持を与えられて不遇の時代を過ごしました。


不遇時代に、兵学国学といった学問に精通するようになっていました。


彦根藩主となった直弼は、藩政改革に手腕を発揮し、幕政にも参画しました。


ペリー来航による、江戸湾の防備で活躍し、開国論を展開していきます。


水戸藩徳川斉昭を中心とする、攘夷論派と激しく対立するなか、将軍の後継問題でも対立いていきます。


1858(安政5)年、大老に就任した、直弼は、将軍継承問題と日米修好条約という2つの難問にとりくみます。


アメリカの軍艦が下田に入港し、英仏連合艦隊が来航の可能性を示すなど、諸外国が幕府を威嚇するにおよんで、1858年6月19日、日米修好通商条約締結されました。

 

日米修好通商条約は、領事裁判権など不平等なものだったが、世界諸国からの対外的孤立主義は、許されない国際情勢であり、その後、英、仏、露、蘭と続けて同様な条約を結ぶことになりました。


直弼は、日米修好通商条約締結から、6日後に将軍徳川家茂をする決定を発表し、水戸の徳川斉昭を代表とする、攘夷論、将軍一橋慶喜推薦派を一掃しました。


この事は、攘夷論派の反幕府機運を強めることとなり、全国の志士活動が盛んになることになりました。


幕府転覆への活動とみた直弼は、断固処罰を決定し、徳川斉昭岩瀬忠震など幕臣だけではなく、志士や公家なども大弾圧を行いました。

 

死罪や切腹などに処せられた者は、100名を越えたとされています。 安政の大獄と言われているものです。


安政の大獄は、弾圧を受けた攘夷論者による、倒幕運動に向かう要因になりました。


1860(安政7)年3月3日朝、直弼は、登城の途中江戸城桜田門付近で、尊攘派志士の襲撃を受けて首を打ち落とされました。

 

 

 

 

*****************

おすすめブログ

えほん♪絵本♪えほん こころに残るすてきな絵本 100絵本

日本各地に残る懐かしい民話を楽しみます。

さかな🐟魚🐟さかな 日本の海で釣れる魚たち 100選

神話の時代から維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々100選

美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

こころを豊にしてくれる、禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************