神話の時代から維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々 100選

神話の時代から幕末維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々を探って行きます。

伊耶那岐命・天照大神・須佐之男命・倭建命・神功皇后・応神天皇・ 卑弥呼・聖徳太子・蘇我馬子・ 蘇我入鹿・ 中大兄皇子・ 中臣鎌足・ 天武天皇・高向玄理・ 藤原不比等・ 道鏡・和気清麻呂・鑑真・桓武天皇・坂上田村麻呂・阿弖流為・最澄・空海・菅原道真・紫式部・清少納言・藤原純友・平将門・藤原秀郷・源義家・安倍貞任・藤原清衡・平清盛・源義朝・西行・後白河法皇・源義仲・源頼朝・北条政子・源義経・藤原秀衡・平徳子・源頼政・法然・北条時政・栄西・親鸞・道元・北条時宗・後醍醐天皇・楠木正成・新田義貞・足利尊氏・足利義満・山名宋全・細川勝元・一休宗純・北条早雲・毛利元就・武田信玄・上杉謙信・斉藤道三・織田信長・明智光秀・豊臣秀吉・前田利家・德川家康・伊達政宗・石田三成・淀君・真田信繁・お江与・春日局・徳川家光・天海・松尾芭蕉・徳川吉宗・大岡忠相・上杉鷹山・葛飾北斎・杉田玄白・島津斉彬・山内容堂・松平春嶽・井伊直弼・和宮・徳川慶喜・勝海舟・高杉晋作・吉田松陰・近藤勇・坂本龍馬・岩倉具視・大久保利通・木戸孝允・西郷隆盛⇒⇒作成中


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

幕末の土佐藩藩主 ”山内容堂(やまのうちようどう)”

f:id:pcpisjp:20210906160058j:plain

やまのうちようどう

山内容堂(やまのうちようどう)
1827~1872年 享年46

 

 

 山内容堂は、幕末の土佐藩の藩主です。


 22歳で土佐藩の藩主に就くと従来の門閥支配を改革し革新派の吉田東洋らを起用して藩政を改革しました。


 公武合体派として、幕政の改革にも乗り出します。


 藩の参政である後藤象二郎から幕府が朝廷に政権を返上する大政奉還説を進言され、この案を将軍徳川慶喜に建白しました。


 1867(慶応3)年、10月14日大政奉還が実現して、江戸徳川幕府は終焉します。


 容堂は、あくまで倒幕を主張する薩長に対し、新政府は、徳川家中心の裂候会議を強く主張しましたが、会議の結果、将軍職剥奪、幕府領の返上は決定されてしまいます。


 これにより、旧幕府軍と新政府軍の戊辰戦争が始まります。


 明治政府が成立すると、容堂は、内国事務総長などの要職につきますが、明治2年に辞任してしまいます。


 生涯酒を好み、自らを”歳酔三百六十回、鯨海酔候”と一年中酔っている土佐の殿だと言っていたそうです。

 

 

 

 

*****************

おすすめブログ

えほん♪絵本♪えほん こころに残るすてきな絵本 100絵本

日本各地に残る懐かしい民話を楽しみます。

さかな🐟魚🐟さかな 日本の海で釣れる魚たち 100選

神話の時代から維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々100選

美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

こころを豊にしてくれる、禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************