神話の時代から維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々 100選

神話の時代から幕末維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々を探って行きます。

伊耶那岐命・天照大神・須佐之男命・倭建命・神功皇后・応神天皇・ 卑弥呼・聖徳太子・蘇我馬子・ 蘇我入鹿・ 中大兄皇子・ 中臣鎌足・ 天武天皇・高向玄理・ 藤原不比等・ 道鏡・和気清麻呂・鑑真・桓武天皇・坂上田村麻呂・阿弖流為・最澄・空海・菅原道真・紫式部・清少納言・藤原純友・平将門・藤原秀郷・源義家・安倍貞任・藤原清衡・平清盛・源義朝・西行・後白河法皇・源義仲・源頼朝・北条政子・源義経・藤原秀衡・平徳子・源頼政・法然・北条時政・栄西・親鸞・道元・北条時宗・後醍醐天皇・楠木正成・新田義貞・足利尊氏・足利義満・山名宋全・細川勝元・一休宗純・北条早雲・毛利元就・武田信玄・上杉謙信・斉藤道三・織田信長・明智光秀・豊臣秀吉・前田利家・德川家康・伊達政宗・石田三成・淀君・真田信繁・お江与・春日局・徳川家光・天海・松尾芭蕉・徳川吉宗・大岡忠相・上杉鷹山・葛飾北斎・杉田玄白・島津斉彬・山内容堂・松平春嶽・井伊直弼・和宮・徳川慶喜・勝海舟・高杉晋作・吉田松陰・近藤勇・坂本龍馬・岩倉具視・大久保利通・木戸孝允・西郷隆盛⇒⇒作成中


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

家康が恐怖した武将 ”真田信繁(さなだのぶしげ)(真田幸村)(さなだゆきむら)”

 

f:id:pcpisjp:20210616/20210616135035j:plain

さなだゆきむら

真田信繁真田幸村)(さなだゆきむら)さなだのぶしげ 1567~1615年 享年49

 

 真田幸村は、安土桃山時代の武将ですが、幸村
の名は、後の江戸時代に講談本に登場 した名前で、実在の人物としては、田信繁といいました。


 甲斐国の武田家の家臣だった真田家は、武田家が滅亡すると織田家に恭順します。

 

 その後の政変に蹂躙され、北条から徳川そして上杉と渡り最終的には、豊臣秀吉の傘下にはいり、信繁は秀吉のもとに人質として送られて成人します。

 

 秀吉没後、関が原の合戦では、真田家は、父昌幸と信繁が西軍に兄信之が東軍にと分かれて戦うことになります、弱小武家としては、家名を残すための苦肉の手段だったのでしょう。

 

 父昌幸と信繁は、東軍の徳川秀忠軍を上田城に迎え、寡兵を守って大軍の秀忠軍を足止めさせます。

 

 秀忠軍は、これにより関が原の本戦に間に合わな
いという大失態を起こしてしまいます。

 

 西軍の敗戦後、兄信之に免じて、死をまぬがれた
信繁と昌幸は、紀伊国九度山に配流になります。

 

 14年後、徳川と豊臣に争いが生じると、豊臣か
らの招聘を受けて、大阪城に入城します。


 大阪冬の陣が、始まると大阪城の最弱点である三
の丸南側に真田丸と呼ばれる出城を築き、徳川側の
先方隊に大打撃をあたえます。

 

 翌年の大阪夏の陣では、茶臼山に陣取り、全軍赤
に備え徳川家康めがけて襲い掛かります、本陣に突
きいること三度、家康の馬印を引き倒すほどまで攻
め入ります。

 

 信繁の凄まじさに、家康は自害を覚悟したといわ
れています。

 

 しかし、圧倒的な兵力の前に信繁は、力尽き壮絶
な死を遂げました。

 

 江戸時代になり、真田幸村として講談本なので真
田十勇士とともに名声があがり、真田日本一の兵と
いわれるようになりました。

 

 

 

 

*****************

おすすめブログ

えほん♪絵本♪えほん こころに残るすてきな絵本 100絵本

日本各地に残る懐かしい民話を楽しみます。

さかな🐟魚🐟さかな 日本の海で釣れる魚たち 100選

神話の時代から維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々100選

美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

こころを豊にしてくれる、禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************