語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

南北朝を統一した室町幕府三代将軍 ”足利義満(あしかがよしみつ)”

f:id:pcpisjp:20210404/20210404155128j:plain

足利義満

 

足利義満(あしかがよしみつ) 1358~1408年 享年51

 

 室町幕府三代将軍で, 幕府創立以来の懸案になっている、南北朝問題に取り組みました。

 

 弱体化しているとはいえ、神器を所持している南朝が力を盛り返す可能性があり、幕府の政権を磐石なものにするためには、天皇は、ひとりでなくてはなりませんでした。

 

 

 義満は、南朝側に「譲国の儀式」による神器譲渡、両統送立などの条件で和睦をせまります。

 

 有力武将の戦死や寝返りが続いた南朝側には、義満からの和睦条件を拒絶する余力はなく、1392年(元中9.明徳3)後亀山天皇北朝後小松天皇に神器を伝え、南北朝は終わりました。

 

 南北朝統一後、幕内での最大勢力、大内氏を討伐し、室町幕府の絶頂期をむかえます。

 

 京の北山に北山第を造営し、文化の発信地としました。 北山文化の象徴が金閣寺です。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************