語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

鎌倉幕府を滅亡させた武将 ”新田義貞 (にったよしさだ)”

f:id:pcpisjp:20210403/20210403135515j:plain

新田義貞

 

新田義貞(にったよしさだ) 1301~1338年 享年37

 

 新田義貞は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武将です。

 

 八幡太郎源義家の四男源義国から始まる新田氏の嫡男として、上野の国新田の荘に生まれます。

 

 

 源氏の正流でありながら、鎌倉幕府での地位は低く、1331年(元弘元年)から始まった倒幕の変(元弘の変)では、幕府軍の一員として、河内の国で楠木正成を攻めました。

 

 しかし、義貞は病気と称して無断で新田の荘に帰ってしまいます。

 

理由は、北条氏の横暴に憤慨してとのこと、または、後醍醐天皇から、北条氏打倒の令旨が届いたとの説があります。

 

 上野国新田から、義貞は倒幕の軍をあげ鎌倉を目指します、

当初の兵力はわずか150騎と伝えられています。

 

 途中、同じ源氏である足利高氏(尊氏)の嫡男が加わったことで、関東周辺の御家人が多数加わり、義貞軍は、数万に膨れ上がります。

 

 幕府軍分倍河原で戦った義貞軍は、大勝します。

 その勢いで、鎌倉を攻撃して北条高時の一族を自害させ鎌倉幕府を滅亡に追い込みました。

 

 鎌倉幕府滅亡後の建武の政権では、武者所の頭となり、冠位も従四位になりますが、反乱を起こした、足利尊氏の軍に敗れてしまいます。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************