語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

蒙古の来襲を乗り越えた鎌倉幕府執権 ”北条時宗 (ほうじょうときむね)”

 

f:id:pcpisjp:20210328/20210328154546j:plain

北条時宗

 

北条時宗(ほうじょうときむね) 1251~1284年 享年34

 

 14歳で執権の補佐を務める連署に就任するなど、順調に出世をしてきた時宗が18歳のとき、蒙古帝国から朝廷に国書がとどきます。

 

 

 朝廷は、”国書を受理せず”の回答をし、鎌倉幕府は、蒙古襲来という非常時に備える方針をとります。

 

 蒙古来襲という、かつて経験したことのない国難を前に北条時宗鎌倉幕府執権に就任します。

 

 時宗は、蒙古侵攻を前に国をひとつにまとめるため、反対派の北条一門を誅殺します。

 

 また、鎌倉幕府御家人だけではない、各地の武家の権利も掌握して挙国一致体制を築きました。

 

 西国の御家人、武士の奮戦と暴風雨により、文永の役弘安の役と二度にわたってのました。

 

 蒙古を乗り越えたあと時宗は、燃え尽きるように亡くなりました。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************