語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

浄土真宗の開祖 ”親鸞 (しんらん)”

 

f:id:pcpisjp:20210321/20210321122525j:plain

親鸞

 

親鸞(しんらん) 1173~1262年 享年90

 

 親鸞は、鎌倉時代初期の僧、浄土真宗の開祖です。

 

 1173年(承安3)、京都に日野有範の子として生まれます。

 

 世の中は、平安貴族の時代が終わり、武士である平氏の時代を迎えたころでした。

 

 

 9歳のとき、京、東山の青蓮院で得度を受け比叡山に登り、20年に渡って修行を積みます。

 

 比叡山での修行に疑問を感じ、京、六角堂に百日参籠を行った親鸞は、厩戸王の示現を受けます。

 

 それにより、法然の下で専修念仏の道を歩むことになります。

 

 旧仏教の念仏弾圧にあい、法然とともに処罰をうけ、越後に配流になりました。

 

 配流後も専修念仏の布教をつづけます、妻の恵信尼との間に4男3女をもうけ広く民衆とともにあり続けました。

 

 赦免後も京には戻らず、信濃から常陸と20年にわたり布教を行いました。

 

 法然が開いた浄土宗から、親鸞の教えは、人は無力であり、それを自覚することから始まる。

 

自力での救済の限度を自覚し、阿弥陀仏の力を絶対視する他力本願を基とする、ただ念仏を称えるのみ。

 

とし、浄土真宗と称されています。

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************