語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

鎌倉禅仏教 臨済宗の開祖 ”栄西 (えいさい)”

f:id:pcpisjp:20210321/20210321121826j:plain

栄西

 

栄西(えいさい) 1141~1215年 享年75

 

 栄西は、鎌倉時代初期の高僧で、禅宗臨済宗の開祖です。

 

 13歳で比叡山に登り、天台の教えを学びます。

 

 仏教の源である国へ渡りたいという強い願いのもと、無理を重ねて宋へ渡ります。

 

 2度目の渡宋で禅宗に出会い、その教えを日本に持ち帰り禅宗臨済宗)を開きます。

 

 

 禅宗における座禅は、精神の安定を図り、悟りの境地に至るための修行であるとい、精神修養を重んじる武士社会に受け入れられました。

 

 栄西は、宋から茶の種子を持ち帰り、効能を「喫茶養生記」に記し、栽培を奨励しました。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************