語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

鎌倉幕府初代執権 ”北条時政 (ほうじょうときまさ)”

 

f:id:pcpisjp:20210227/20210227162244j:plain

北条時政

 

北条時政(ほうじょうときまさ) 1138~1251年 享年78

 

 平安末期、伊豆国の豪族で桓武平氏流北条氏の出身。

 

 平治の乱で源氏が滅んだあと、伊豆国へ配流された頼朝の監視役となります。

 

 

 娘の政子頼朝の妻となった縁から、治承4年(1180年)の頼朝の挙兵に参加します。

 

 頼朝が鎌倉幕府を開くと幕府の重鎮となり、政敵の有力御家人をつぎつぎに排して、初代執権となります。

 

 晩年、後妻の牧の方を迎えると娘婿を将軍に就ける企てをして失敗したり、罪のない、幕府の忠臣、畠山重忠を誅殺したりして、とうとう失脚してしまいます。

 

 鎌倉幕府の執権職は、総領の北条義時が継ぎ、その後十六代の繁栄を成します

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************