語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

奥州藤原氏の三代目 ”藤原秀衡 (ふじわらのひでひら)”

 

f:id:pcpisjp:20210207/20210207175711j:plain

ふじわらのひでひら

 

藤原秀衡(ふじわらのひでひら)  1122~1187年

 平安末期に奥州平泉に一大勢力を築いた、奥州藤原氏の三代目です。

 

 後三年の乱で、奥州の支配権を得た祖父清衡、独立した文化を築いた父基衡とつづき秀衡の代に奥州藤原氏は絶頂期を迎えました。

 

 

 奥州名産の駿馬や金による豊富な財力で、平泉の地に一大文化圏を築きあげました。

 

 その中心となったのが、寺塔40余り、僧坊300余りといわれた中尊寺などの寺院でした。 なかでも内外を豊富な金箔で覆った金色堂です。

 

 源頼朝が打倒平氏で挙兵すると、平氏から源氏を打つよう要請されますが、秀衡は、あくまで中立を保ち、奥州の独立を呈します。

 

 平氏が滅び、源氏に対抗する勢力が唯一奥州藤原氏となると、源頼朝は、弟義経を匿ったことを理由に征伐に動き出しました。

 

 両者の間が緊張するなか、1187年秀衡は、病を得てなくなります。

 

 秀衡をなくした、奥州藤原氏はあっけなく頼朝軍に敗れ去り、約100年に渡って平泉文化を築いた藤原氏は、滅亡してしまいました。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************