神話の時代から維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々 100選

神話の時代から幕末維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々を探って行きます。

伊耶那岐命・天照大神・須佐之男命・倭建命・神功皇后・応神天皇・ 卑弥呼・聖徳太子・蘇我馬子・ 蘇我入鹿・ 中大兄皇子・ 中臣鎌足・ 天武天皇・高向玄理・ 藤原不比等・ 道鏡・和気清麻呂・鑑真・桓武天皇・坂上田村麻呂・阿弖流為・最澄・空海・菅原道真・紫式部・清少納言・藤原純友・平将門・藤原秀郷・源義家・安倍貞任・藤原清衡・平清盛・源義朝・西行・後白河法皇・源義仲・源頼朝・北条政子・源義経・藤原秀衡・平徳子・源頼政・法然・北条時政・栄西・親鸞・道元・北条時宗・後醍醐天皇・楠木正成・新田義貞・足利尊氏・足利義満・山名宋全・細川勝元・一休宗純・北条早雲・毛利元就・武田信玄・上杉謙信・斉藤道三・織田信長・明智光秀・豊臣秀吉・前田利家・德川家康・伊達政宗・石田三成・淀君・真田信繁・お江与・春日局・徳川家光・天海・松尾芭蕉・徳川吉宗・大岡忠相・上杉鷹山・葛飾北斎・杉田玄白・島津斉彬・山内容堂・松平春嶽・井伊直弼・和宮・徳川慶喜・勝海舟・高杉晋作・吉田松陰・近藤勇・坂本龍馬・岩倉具視・大久保利通・木戸孝允・西郷隆盛⇒⇒作成中


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

平家を滅ぼした悲劇の武将 ”源義経 (みなもとのよしつね)”

 

f:id:pcpisjp:20210207/20210207174751j:plain

みなもとのよしつね

 

源義経(みなもとのよしつね) 1159~1189年 享年31

 平安時代末期の武将で平治の乱で討ち取られた、源氏の棟梁源義朝の子です。

  

 兄は、鎌倉幕府を開いた源頼朝になります。

 

 平治の乱のとき、2歳の義経は母の常盤御前と共に平清盛に捕らわれます。

 

 

 幼名を牛若丸といい、7歳で鞍馬寺に預けられましたが、16歳のとき僧になることを拒否し奥州の藤原氏を頼って逃亡します。

 

 奥州の藤原秀衡のもとで成長しますが、1180年、伊豆に流されていた兄頼朝が挙兵すると、ただちに馳せ参じます。

 

 兄、頼朝の命により、京に進行し源義仲木曽義仲)を討ち取り、その後は、一の谷、屋島、壇ノ浦と天才的な軍事力を発揮して平氏を滅ぼします。

 

 平家を滅ぼした勲功第一の義経でしたが、兄頼朝の許しを得ずに朝廷から冠位を受けたことで、勘気を被ります。

 

 頼朝と対立した義経は、西国行きを図り船出しますが、大嵐のために押し戻されてしまいます。

 

 頼朝は、義経追捕の令を全国に発するため、朝廷に守護地頭の政を認めさせます。

 

 義経は、追捕の目をかいくぐって奈良の吉野から、その後奥州の藤原氏のもとに姿を現します。

 

 再度、奥州平泉の藤原秀衡を頼った義経ですが秀衡が病没すると頼朝の命により秀衡の嫡男泰衡に襲撃され討ち取られてしまいます。

 

 その後、頼朝は、奥州藤原氏を攻め滅ぼし、日本全土を平定し鎌倉幕府を開きます。

 

 義経が、平泉で藤原泰衡に討ち取られたという正史とは別に、実は北に逃亡したという義経北行伝説が、現在になっても強く残っています。

 

 当時の奥州平泉の地から陸奥を経て津軽の地まで、義経北行の伝承は数多く、そして整然と残されています。 

 

*****************

おすすめブログ

えほん♪絵本♪えほん こころに残るすてきな絵本 100絵本

日本各地に残る懐かしい民話を楽しみます。

さかな🐟魚🐟さかな 日本の海で釣れる魚たち 100選

神話の時代から維新まで、日本の歴史上に大きな影響を与えた人々100選

美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

こころを豊にしてくれる、禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************