語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

鎌倉幕府の尼将軍 ”北条政子 (ほうじょうまさこ)”

 

f:id:pcpisjp:20210131/20210131163248j:plain

ほうじょうまさこ

 

北条政子(ほうじょうまさこ) 1157~1225年

 鎌倉幕府を開いた源頼朝正室です。

 

  平治の乱の後、伊豆に流されていた頼朝の妻となり、頼朝が鎌倉に武家 政権を樹立すると御台所と呼ばれました。

 

 

 頼朝の死後は、落飾して尼御台(あまみだい)と呼ばれました。

 

 実子の頼家が将軍のあとを継ぐが、幕府の御家人との間に軋轢が生じます。

 

 政子は、頼家の病気に乗じて将軍職から除いてしまいます。

 

 傀儡将軍として京から招いた幼い藤原頼経の後見となって幕政の実権を握り、世に尼将軍と称されました。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************