語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

平家を滅ぼし鎌倉幕府を開く ”源頼朝 (みなもとのよりとも)”

 


 

f:id:pcpisjp:20210131/20210131162108j:plain

みなもとのよりとも

 

源頼朝(みなもとのよりとも) 1147~1199年 享年53

源氏の棟梁

 源義朝の三男として生まれますが、1159年に起こった平治の乱で父と兄が討死すると、捕らえられ伊豆国に流されます。

 

 20年の流人生活の後、以仁王による平氏打倒の令旨を受け取ると挙兵します。

 

 初戦の石橋山の合戦では破れますが、その後、関東一円の豪族を糾合平定し鎌倉に一大勢力を築きます。

 

 頼朝自身は鎌倉から動かず、弟達を代官として軍を進めます、同族の木曽義仲を打ち破り、平氏を西国に追い込みます。

 

 壇ノ浦に平氏を滅ぼすと、戦功のあった弟の義経を追放し、義経追捕を理由に諸国に守護・地頭を置くことを朝廷に認めさせます。

 

 日本中で唯一残った対抗勢力の奥州藤原氏義経をかくまったとの理由から、追討の院宣を引き出し滅ぼします。

 

 征夷大将軍に就任した頼朝は、諸国守護権と東国支配権を得て、鎌倉に幕府を開きました。

 

 鎌倉幕府から始まった武家による政権は、その後明治維新大政奉還まで、役680年間存続することになります。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************