語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

武士による政権移行から朝廷を守った ”後白河法皇 (ごしらかわほうおう)”

 


 

f:id:pcpisjp:20210123/20210123164937j:plain

ごしらかわほうおう

 

後白河法皇(ごしらかわほうおう) 1127~1192年 享年66

 

第77代天皇です。

 

 29歳のとき、弟の近衛天皇の急死より即位します。

 

 この皇位継承をめぐって兄の崇徳上皇と争った保元の乱で、平清盛の台頭をゆるします。

 

 平氏による政権、そして源氏による鎌倉幕府設立という、公家から武士に政治勢力が変転する過程で、34年に渡り院政を行い朝廷を守りました。

 

 平清盛木曽義仲源頼朝、などその都度の武士権力者から幾たびの幽閉や院政停止に追い込まれますがそのたびに復権します。

 

 後白河法皇が出した追討令旨は、

 源氏追討を平氏に、 平家追討を源氏に、 木曽義仲追討を源頼朝に、 源頼朝追討を木曽義仲に、 源頼朝追討を源義経に、 源義経追討を源頼朝に、 奥州藤原氏追討を源頼朝に、 など、その時々の情勢で変転しています。 

 

 このようにしてその後の朝廷と武家の関係の基を築きました。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************