語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

鎌倉時代初期の漂白の歌人 ”西行 (さいぎょう)

 


 

f:id:pcpisjp:20210117/20210117162212j:plain

さいぎょう

 

西行(さいぎょう) 1118~1190年  享年73

 

西行は、平安末期から鎌倉初期の歌人です。

 

 武門の名流である、秀郷流藤原家に生まれ、朝廷の警護をする北面の武士として勤めていました。

 俗名を佐藤義清(さとうのりきよ)といいます

 

 23歳のとき、突然、武士としての無常観を思い家も妻子も捨てて出家してしまいます。

  出家後、嵯峨に草庵を結び、西行と称し、陸奥国や四国などへの旅を重ね、多くの和歌を残します。

 

 63歳のとき、東大寺復興勧進の旅にでた西行は、鎌倉の地で将軍源頼朝に面会します。

 

 世のことなどを教えられた頼朝は、黄金の置物を贈ります。

 

 西行は、退出のさい、門前で遊ぶ子供たちに、黄金の置物を渡し立ち去ります。

 

 願わくは 花の下にて春死なむ そのきさらぎの 望月のころ

 

 こう読んだ西行は、生涯を諸行無常を常とし漂白の歌人として、望んだように桜の季節に亡くなりました。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************