語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

武士として始めての太政大臣 ”平清盛 (たいらのきよもり)”

f:id:pcpisjp:20210116/20210116155327j:plain

たいらきよもり

 

平清盛(たいらのきよもり) 1118~1181年 享年64

 

 平安時代末期に平氏の棟梁忠盛の嫡男として生まれます。

 父、忠盛は宋との貿易を行い、兵力、財力を蓄えていました。

 父の死後、平氏の棟梁になった清盛は、1156年に起こった保元の乱後白河天皇側にたち勝利を納めます。

 

 

 その3年後に保元の乱で共に戦った源氏の棟梁、源義朝平治の乱で戦い、これにも勝利します。

 

 保元の乱平治の乱で、平氏以外の有力武士が滅亡したため、清盛は朝廷の軍事力、警察力を掌握し公卿に代わる武士による政権を樹立します。

 

 武士として、初めて正三位の参議になったのをきっかけに1167年には、太政大臣という最高官職に就きます。

 

 平家一族も日本66国のうち半数の国を支配し、荘園は全国に500以上という繁栄の時代を築きました。

 「平家にあらずんば、人にあらず」と平時忠(清盛の義弟)が誇ったほどでした。

 

 平家による専横が激しくなると朝廷では、後白河法皇を中心に反平氏の気運が高まりだします。

 

 1180年、日本各地の武将たちに打倒平氏の令旨が以仁王(もちひとおう)の名で、発せられます。

 

 伊豆に流されていた源義朝の遺児、頼朝は令旨に応じて立ち上がり、源平の争乱が始まります。

 

 清盛は、源平の戦いの結果を待たずに、病を発して息を引き取ります。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

おすすめ写真と短歌

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************