語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

源氏武士団を築いた ”源義家 (みなもとのよしいえ)”

f:id:pcpisjp:20210110/20210110122815j:plain

みなもとのよしいえ

 

源義家(みなもとのよしいえ) 1039~1106年 享年68

 

 清和源氏嫡流として生まれた義家は、石清水八幡宮元服をしたことから八幡太郎と称しました。

 

 陸奥守の父頼義に従い、奥州安部氏との戦いに13歳で初陣します。

 1051年に始まったこの戦いは、奥州安部氏と朝廷軍の全面的な戦争で、終始安部氏が優勢に経緯していました。

 

 苦戦を強いられていた、頼義、義家親子は、出羽の清原氏に援助を頼み、1062年ようやく安部氏を平定します。

 この役を前九年の役とよびます。

 

 

 前九年の役から21年後、奥州の地に威を張っていた清原一族に内乱が起きます。

 

 源氏の棟梁となっていた義家は、清原氏の内乱に介入し、清原家衡出羽国金沢(かねさわ)で討ち取ります。

 この役を後三年の役とよびます。

 

 朝廷は、後三年の役は義家の私戦であるとし、何の恩賞も出しませんでした。

 しかし、義家は自分に従って戦い抜いた東国の武士団に私財をなげうって恩賞として与え、源氏と東国武士団の絆を強固なものとします。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************