語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

大化の改新を指導した政治家 ”高向玄理 (たかむこうのくろまろ)”

 

 

f:id:pcpisjp:20201213133917j:plain

たかむこうのくろまろ

 

高向玄理(たかむこのくろまろ)

?~645年

 608年に遣隋使小野妹子に従って中国に留学生として渡ります。

 

 30年余りを中国で過ごし、654年に帰国します。

 

 

 大化の改新では、共に中国で学んだ僧の旻(みん)とともに国博士として政府の最高顧問となり、改新を大きく進めました。

 

 654年、朝鮮半島をめぐる政情が悪化すると、遣唐使として長安に向かい唐の皇帝皇宗と会見をしますが病に倒れ亡くなりました。

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************