語り部さるたのおすすめ日本の歴史上の人物 100選

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、日本の歴史に大きく影響のあった人物を語ります。

全国の八幡宮の主祭神 ”応神天皇 (おうじんてんのう)”

f:id:pcpisjp:20201205172701j:plain

おうじんてんのう

 

 

 第15代天皇です。

 

誉田別尊(ほむたわけのみこと)といいます。

 

 神功皇后三韓征伐の帰途にで生まれたとされています。

 

 神功4年に皇太子になり、71歳で天皇に即位されたとされていますが実際の年代は、謎とされています。

 

 

母である神功皇后の摂政として、九州から東へと進み大阪から大和を目指しますが、異母兄弟である香坂王・忍熊王に大和入りを阻まれました。

 

 同行の建振熊や武内宿禰の働きで両王を排除した応神は大和入りを果しました。

 

 応神天皇の時代は朝鮮半島を通じてさまざまな技術集団が渡来しました。

 

 技術面では、農地を改良し馬や太刀や縫製などを、文化面では、論語千字文・典籍などをもたらし振興が行われました。

 

 応神天皇は、八幡神とされ、武神として全国八幡宮主祭神として祀られています。

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************